スケールモデル


洗車ロボットものがアニメーションを元にしているのを比べ、スケールモデルは現存しているもの、かつてしていたものをベースにしているのが特徴です。第二次世界大戦時の戦艦や航空機、各国の戦車などもあります。自動車やバイクといったものまであり、現存していたものを、一定の尺度でミニチュア化して作られたものです。実在しているものですので、非常に精巧に作られるところがポイントで、いかに本物に近づけるのかが重要になってきます。

人気の高いシリーズはたくさんあり、軍艦は古くから多くの人が楽しんできました。現存しているわけではありませんが、図面が残っていたり、写真から図面を起こして作られていたりするものが多いため、本物に近づけることが楽しみでもあります。シリーズがいろいろとありますし、その時代で検証されたことに違いがあったりするのも面白いところでしょう。

コレクターがいるのは、プラモデル本体だけではなく、ボックスアートと呼ばれる箱書きも重要です。時代ごとに違いがあったりしますが、美しく描かれているため、多くの人が集めています。さまざまな面で価値がありますので、作っていないものがあれば査定にかけてみましょう。きっと驚くような結果が待っています。

ロボットもの


プラモデルプラモデルと一口に言っても、さまざまなものが存在します。何をベースにして作られたかによって、スケールモデルと呼ばれたりするように、違いがあるからです。中でも人気なのは、ロボットアニメのプラモデルでしょう。ガンダムから火が付き始めたロボットもののプラモデルは、年々進化を続けています。可動の範囲も驚くほどとなり、精巧な作りは驚くレベルに進化しました。

スケールモデルとは異なり、対象年齢が低かったことが、真かに拍車をかけたポイントです。接着剤は体に影響があることからも、スナップモデルと呼ばれる接着剤を使わないものが生まれていきました。塗装をするためには、やはり問題があったことからも、いろプラをはじめとして、塗装しないでも、非常に細かな出来上がりを求めることができるようになったからです。

おもちゃとして考えても、かなりの精度になってきたといえるでしょう。こうしたプラモデルは、現在でも人気であり、買取りも盛んにおこなわれています。特に限定版として発売されるようなものは、高値で取引されるのがポイントです。もう買えないようなものもありますので、作っていないようなものがあれば、買取りに出してみるのもひとつの方法でしょう。


≪推奨サイト≫
おもちゃ買取を行っている業者サイトです。